板橋区議会議員 井上温子公式ウェブサイト

  1. ブログ

ブログ

2012年8月10日

市川房枝記念会女性と政治センター主催のセミナーでの講演報告


8月7日の講演について、簡単にご報告させていただきます!

未来をつくる女性のためのチャレンジセミナー
バーチャル議会へようこそ
主催:財団法人市川房枝記念会女性と政治センター
詳細はコチラ⇒ 201208チャレンジセミナーちらし

の1日目に、議員になるまでの経緯や、議員になってからの経験について、
東京大学社会科学研究所教授 宇野重規さんとクロストークをしました。




テーマは、ズバリ!
「政治に興味なかった私が、議員になったワケ」です。



 

 

 

 

最初に、15分くらいで簡単に自己紹介と選挙に出るまでの背景をお話しました。
その後に、なぜ、議員になりたいと強く決意したのか、
いざ、選挙!となったときに困ったこと、工夫したこと、
議員になってから、議会の中で経験をしたことを宇野先生とクロストークしました。

私は、自分が議員で居続けることではなく、投票率をあげたかったり、また、社会を良くしたいと思って活動されている方が1人でも多く議員にチャレンジして欲しいという思いが元々ありましたので、当時、戦略として考えていたこと、失敗したこと等、何も隠さず、率直に話をしようと決めて、内容を考えていきました。

質問や感想timeでは、嬉しいメッセージを頂きました。
「議員になりたいと思って参加した訳ではなかったけれど、
少しは議員、いいかなと思った。」
「信念をもって、やっていらっしゃる議員さんもいるんだなって思いました。」
「政治に興味があったわけではなかったですが、とても楽しく参加出来ました。 」
などなど。
他にも同じ大東文化大学出身の方がいらしていて、応援のメッセージを頂きました!

会場は笑いも沢山生まれて、会場の方々とのコミュニケーションがとっても楽しかったです。
対談して下さった宇野先生をはじめ、企画・運営や当日のサポートをされている、女性議員の方々、元議員の方、有識者の方々が沢山会場にいらしていて、私にとってたくさんの気付きや刺激のある素晴らしい会となりました。
みなさま、ありがとうございました!!

次の日は、議会や選挙のシュミレーションをして学ぶということで、参加させて頂きましたが、とっても勉強になりました^^



今回の講演に向けて、市川房枝さんの本を熟読中の私^^
「縁があったり、興味を持つ⇒学ぶ」という流れ、こんなに楽しいことはないですね。
「政治に興味がなかった」ということで、知識として足りないことも多い私ですが、ゼロベースで色々なことを学んでいきたいです。
そういう意味でも、今回の出会いで、何かまた1つ私の中でバージョンアップできたように思います。

社会を動かすには勉強が必要ですね。
今後も、がんばります☆

アーカイブ