一人ひとりの色、かがやくまち

板橋区議会議員 井上温子 > 新着情報 > 【児童館のあり方・パブリックコメント募集】

新着情報

【児童館のあり方・パブリックコメント募集】

カテゴリ:新着情報|2015年1月15日

児童館あり方検討報告書(中間のまとめ)のパブリックコメント募集】

板橋区には、38の児童館がありますが、統廃合が予定されています。
また、今まで小学生の居場所にもなってきた児童館ですが、乳幼児向け施設へと変わっていく方針となっています。

私としては、乳幼児と小学生が児童館を利用する時間帯がそもそも違うため、
工夫すれば共存可能だと考えています。

また、異年齢が交流する機会としても貴重な場所ではないでしょうか。
今月の21日まで、パブリックコメントを受け付けています。
ぜひ、みなさんの意見をあげていきましょう!

http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_oshirase/065/065949.html

●事業内容と課題
区内には38館の児童館があり、18歳未満の子どもを対象に、遊びや生活の援助と、地域における子育て支援を行ってきました。平成27年4月には、板橋区版放課後対策事業「あいキッズ」を区立の全小学校で実施することにより、小学生の放課後および三季休業日(春・夏・冬休み)の安心・安全な居場所が、全校に整備されます。また、国が推進する「子ども・子育て支援新制度」における「地域子育て支援拠点事業」では、地域の身近な場所に乳幼児およびその保護者が相互の交流を行う場を開設するなど、子育てについての相談・情報提供などの機能の充実が求められています。

●あり方検討
区では、児童館の機能と役割の見直しを検討しています。「児童館あり方検討報告書(中間のまとめ)」では、児童館の状況・課題を踏まえ、在宅子育て支援を中心とした新たな児童館の運営のあり方や適正配置の考え方についてまとめています。

▽全文の閲覧場所
子ども政策課(区役所南館3階22番窓口)・区政資料室(区役所北館2階4番窓口)・各児童館・区ホームページ

▽対象
区内在住・在勤・在学の方、区内事業者、区内で活動する団体など

▽意見書の提出方法および提出先
1月21日(必着)まで、直接または郵送・FAX・Eメールで、中間のまとめに対する意見と住所・氏名(団体の場合は団体名及び代表者名)・電話番号を明記のうえ、子ども政策課児童館適正配置担当係(郵便番号173‐8501)
電話3579-2174 FAX3579‐2487 E-mail : kk-jtekisei@city.itabashi.tokyo.jp
※住所・氏名などは公表しません。
※提出された意見に個別の回答は行いません。意見に対する区の考え方を後日公表します。


ページトップ