板橋区議会議員 井上温子公式ウェブサイト

  1. メッセージ

応援メッセージ

応援メッセージありがとうございます!
是非、皆様のメッセージもお聞かせください!

  1. 松本浩さん(音楽家・ジャズビブラフォン奏者)

    松本浩さん(音楽家・ジャズビブラフォン奏者)

    2008年、大学と地域連携の拠点、コミュニティカフェ・グリーンで知り合いました。
    若いけれど、識見と実行力をもっているあっちゃん。
    ずっと無所属で活動してきていることに共鳴しています。
    4年間の活動を見て来て、いろんな人に寄り添うことが出来るあっちゃんは”本当の政治家” だと思います。(区内在住)

  2. 浅川 澄一さん(ジャーナリスト元日本経済新聞編集委員)

    浅川 澄一さん(ジャーナリスト元日本経済新聞編集委員)

    「ちょっとお茶でも」と気軽に立ち寄れる場所。そんなコミュニティ・スペースを街中に沢山作っていく運動が始まった。
    主役のひとりが井上温子さん。私も少々お手伝いしている。共鳴者に呼び掛け、昨年9月と今年の2月に高島平で盛大にフォーラムを開催。
    企画を練り上げながら、井上さん自身も「皆で作り味わう」食事処を運営。そのバイタリティは人一倍。地域社会に「賑わい」や
    「助け合い」の場を広げようという心意気に拍手、拍手だ。(区内在住)

  3. 山口 みつ子さん(公財) 市川房枝記念会女性と政治センター理事)

    山口 みつ子さん(公財) 市川房枝記念会女性と政治センター理事)

    「政治」に距離をおいていた井上さんが四年前に議員になり「住みやすい町」を友人たちと話し合い議会活動と共に寄り合う場所をつくりました。
    井上さんの政策には四年間の議会活動がわかりやすく書かれています。「私が描く未来」の頁には老若男女のイラストには必ずあなたが描かれているのを
    発見します。幼稚園の子どもにも見せたいです。井上さんは、無所属ではつらつと活動しており、若い世代のホープです。わが板橋にこういう女性議員が
    育っているのは喜ばしい事です。(区内在住)

  4. 増田 秀曉さん(内閣官房構造改革特別区域推進本部「医療・福祉・労働」専門委員)

    増田 秀曉さん(内閣官房構造改革特別区域推進本部「医療・福祉・労働」専門委員)

    井上温子さんとはNPO業界の集いでお会いし、障がい者施設に一緒に訪問した事もあります。
    井上温子さんは社会的包摂を追求する、若きリーダーと思います。
    井上温子さんが開設した地域リビングは、地域での自発的な助け合いを促す、現代風の仕組みであり、日本各地に広がって行くと思います。
    全国的にも高く評価されている井上温子さんが、ぜひ今後も活躍されますよう、応援しています。

  5. 井上 英之さん(慶應義塾大学特別招聘准教授)

    井上 英之さん(慶應義塾大学特別招聘准教授)

    温子さんとは、区議になられる前、高島平での地域活動をされていた時に知り合いました。
    議員になってからも、地域の現場で変化をプロデュースしながら、その知見にもとづいて、政策を提案する。あたまだけでない、
    血の通った声やアイデアを、いつもまっすぐな目線で、地域の人とともに、学びながら実現していく。これが、民主主義なんだなあ、って思います。
    二期目の温子さんが、板橋区のみなさんと、ともに生み出す未来が、とても楽しみです!

  6. 雨宮 寛さん(明治大学公共政策大学院講師 ハーバード大学大学院 ケネディスクールMPA)

    雨宮 寛さん(明治大学公共政策大学院講師 ハーバード大学大学院 ケネディスクールMPA)

    4年前に井上議員を応援して心から良かったと思っています。
    地元高島平で深刻化する高齢問題、子育て問題に地域リビングという地元の人々の応援を運営の力にする拠点を設立し活動しています。
    4年前は井上さんの若さに惹かれて応援しましたが、
    今回は、井上さんの有言実行の行動力・発言力に惹かれて応援させて頂くことにしました。

  7. 勝又 伸一さん(プログラマ)

    勝又 伸一さん(プログラマ)

    実践を通じて得た共感や疑問を空論・評論・批判にとどまらず政策に落としこみ、政治を身近に感じさせてくれる存在です。特に社会的弱者への温かさが強い印象です。児童相談所など福祉畑を歩まれたお父さんの影響もあるのではないでしょうか。
    明るく気さくで老若男女問わず多様な人が周囲に集まり、凄いと思います。初当選から4年。まだ30歳。課題を政策に繋げ実現していく要領が解ってきたということで活躍が増々楽しみです。(区内在住)

  8. 坂川 亜由未さん(あゆちゃんち主宰)

    坂川 亜由未さん(あゆちゃんち主宰)

    井上さんとは地域リビングで出会いました。重度障がい者の娘の居場所にさせてください、とお願いに行ったのです。
    その後「あゆちゃんち」というコミュニティスペースを徳丸で始めるにあたり、井上さんは共に考え、動いてくれました。
    これからも重度障がい者の地域での自立という目標に向かって共に進んでくれると期待しています。(区内在住)

  9. 小川 香織さん(会社員)

    小川 香織さん(会社員)

    「地域リビングPLUS ONE」運営のお手伝をしてます。議員と言うと街頭演説や視察等の印象が強いですが、井上さんは地域社会の理想をとにかく具体的に行動し、少しずつですが理想に近づけていく所に共感しています。地域リビングの活動を通じ、地域を良くしたいと考えてる人達が沢山居ることが分り、未来は明るいと期待してます。(区内在住)

  10. 加藤 丈太郎さん(NPO法人ASIAN PEOPLE’S FRIENDSHIP SOCIETY代表)

    加藤 丈太郎さん(NPO法人ASIAN PEOPLE’S FRIENDSHIP SOCIETY代表)

    井上温子さんは、区内の外国人とも交流し、その声に耳を傾けてくださいます。
    当団体から区に出した陳情についても、自ら質問をしにわざわざ事務所までいらしてくださいました。
    アクティブな井上さんの2期目に期待しています。

  11. ハッサンさん(ホテルのシェフ)

    ハッサンさん(ホテルのシェフ)

    最初に井上温子さんと出会ったのは、外国人を支援しているNPO活動の際です。
    その後、井上温子さんの紹介で、日本語の勉強をし始めました。今では、平仮名の読み書きが出来るようになりました。
    井上温子さんは、国籍問わず、どんな人にも温かい人です。
    充分頑張っているので、「頑張って」とは言いませんが、今のまま進んでいって欲しいと思っています。(区内在住)

  12. 酒井 大輔さん(介護職員)

    酒井 大輔さん(介護職員)

    井上さんとは「あつ研・介護部会」を通し、板橋区での高齢者支援の取り組みについて勉強させて頂きました。
    熱心な姿勢で板橋区を良くしていこうという気持ちで溢れた方です。
    介護だけでなく子育てや地域連携、いろんな人が住みやすい街づくりに積極的に取り組む方ですので、応援しています。(区内在住)

  13. 木村 彩子さん(ガーデンデザイナー)

    木村 彩子さん(ガーデンデザイナー)

    政治に対して、自分には何ができるだろう?その答えとして、わたしは地元の議員を応援するところから始めようと思い立ちました。
    そんな時井上さんと知り合い、彼女の考え方や活動に共感しました。
    井上さんほど板橋に愛着をもって全力で区政に取り組む人はいないと思います!
    彼女によって変わっていく板橋がたのしみです♪(区内在住)

  14. 福岡 昌勇武さん(会社員)

    福岡 昌勇武さん(会社員)

    政治家は社会の課題に対して、どのように自身が心から感じ取り行動していくべきであると考えています。
    誰かに云われる事もなく、自身で決めた事を理屈抜きでやり続け行く。そして、彼女はいつも地域にいます。
    人と人が繋がる輪を大切にします。井上温子さんはそのような計り知れない熱い心と行動力がありブレません。
    彼女を心から応援しています!(区内在住)

  15. 小林 知世さん(大学生)

    小林 知世さん(大学生)

    井上温子さんとは去年の夏に議員インターンシップを通して知り合いました。
    井上さんのコミュニティー作りに対する意欲と行動力に魅了され、インターンシップが終わった今でも、
    フォーラムのお手伝いやミーティングなどに参加しています。
    地域一体型の街づくりを井上さんならば、実現してくださると思います。

  16. エンさん ソウさん(中国からの看護留学生)

    エンさん ソウさん(中国からの看護留学生)

    日本に留学し、日本語も話せず不安でいっぱいだった頃、井上温子さんと出会いました。
    その前は、中国の友達とばかり接し、日本人との付き合い方が分からなかったのですが、色んな事を教えてもらいました。
    また、井上温子さんを通し、日本人の友達がいっぱい出来て、家族と一緒に暮らしている感じで、高島平が私の2番目の故郷になりました。
    本当にありがとうございます。

  17. さきぞうさん(3児の母)

    さきぞうさん(3児の母)

    井上さんと出会って板橋区議会を初めて傍聴に行き、暮らしに直結することが決められていることを痛感しました。
    彼女の主張は、一貫して子どもやお年寄り、障がい者、区民の立場に立ったもの。
    唯一の無所属議員としてまっすぐ挑んで行く姿は、まさに地域住民の代弁者であり、政治家本来のあるべき姿だと思います。(区内在住)