板橋区議会議員 井上温子公式ウェブサイト

  1. ブログ

ブログ

2019年6月21日

日暮台公園の崖線樹林地でのフィールドワークに参加しました☆

こんにちは。井上温子事務所スタッフブログです。
今日は、前野町のエコポリスセンター主催、同センターの登録環境団体「いたばし水と緑の会」企画の勉強会に参加してきました。

この勉強会は、6月21日と、28日の2日制で行われ、1回目の今日は、講義の後に日暮台公園へ移動しフィールドワークの時間もありました。

大切な緑である『崖線樹林地』を次世代にどう残していくかを、区の職員3名を含む約20名の参加者と共に、現状を見ながら考えられ、有意義な会となりました。

「いたばし水と緑の会」の坂本さんから、勉強会の目的についてお話しがありました

 

講師の、公益財団法人埼玉県生態系保護協会統括主任研究員・高野さん

前半の講義では、公益財団法人埼玉県生態系保護協会統括主任研究員で、埼玉県自然学習センターの自然学習指導員でもある高野徹さんが、『崖線樹林地を考える-植生とその成り立ち-』をテーマに分かりやすくお話しをしてくださいました。

講義の中で、『日本は国土面積の67%が森林で、フィンランドやブータンに並び世界に誇る〝森林国〟である一方、その40%はスギやヒノキなどの人工林(森林の更新すなわち生殖段階を人の手で行った樹木の密集地のこと)で、常緑広葉樹の比率は国土の1%。それ以外は他の土地利用になっている』とのお話しがあり印象に残りました。

 

植生遷移を分かりやすくした図 ↑

 

『全く土がないところに土ができるまでにはとても長い時間がかかる』ということを知りました。1㎝の土ができるのに、100年から数百年かかるそうです。雑木林の表土は平均30㎝なので、それができるまでには最低3000年も要するとのこと。

 

内容が盛りだくさんの講義の後は、みんなで歩いて勉強会のフィールドである『日暮台公園』へ移動しました。

まずは、崖線の状態を上から確認

 

かなり表土が流出してしまっている様子

土を触ってみると、とても硬い。自然に近づけるためには、落ち葉から腐葉土をため、柔らかい土にしていく必要があるそうです

 

さらに、険しい道を進み、、、

崖線の下におりて状態を確認します

 

ブナ科の常緑高木であるマテバシイを指さす高野さん。近くにある切り株からは、スダジイ(ブナ科シイ属の常緑広葉樹)が萌芽している

 

「木の子どもが生えてきているのをみると嬉しい」と坂本さん

 

こちらはタラノキ。(ウコギ科の落葉低木) 何枚も連なる小さな葉は小葉(しょうよう)と呼ばれ、これが規則的に並んで1枚の大きな葉となっています

 

区職員(公園の管理をされている担当)の方も熱心に参加されていました

 

 

このように、現状を確認し、後半で高野さんから今後の方向性についてもお話しがありました。

高野さんは、今後の取り組みの方向性として、現状の蘇生や古い木の循環方法などについてアドバイスをしたうえで、「私がこの方法がいいと決めるのではなく、地元のみなさんがここをどういう生き物が住めるようにしていきたいかを考えていくことが大切」と話されました。

身近な自然について、そこに住む人たちが主体的に関わることが大切なのだと気付かされました。

 

また、近年は「『生物多様性の保全』が世界的にキーワード」であるということから、広い視野で環境保全にも取り組むことが、より必要だそうです。

人間社会と自然とが共に存続し続けられる「持続可能で自然と共生する社会」の実現が目指されます。

 

高野さん、坂本さん、ありがとうございました!目先のことだけでなく、50年、100年先を見つめて植生を考えられました。

 

 

アーカイブ