板橋区議会議員 井上温子公式ウェブサイト

  1. ブログ

ブログ

2020年1月27日

名古屋市、長久手市へ視察【ゴジカラ村 編】

【ゴジカラ村】

ゴジカラ村を写真でご紹介します。
(写真にコメントを入れています)

わずらわしい、めんどくさい。
そんなことがいっぱいの場所。

多様性の中で暮らす(地域の中で暮らす)って、
そういうことだよね、って私も思います。

地域リビングは規模は違うながら、
かなり、そういう場所なので、共感でした☻

ただ、「特養とかケアハウスで盗難とか事故あったらどうするの?」と気になり、質問してみました。
そういうことは、全くないわけではないけれど、
〝暮らしってそんなものでしょ?〟と。

まちの中にいても、盗難とか、事故とかいろいろあるから。
ゼロにはできないけれど、目がたくさんあることで、防げることもある。

ゴジカラ村を視察させていただき、
〝リスク管理をしすぎると、逆に失ってしまうものがあるのではないか〟と、気づかされました。

ゴジカラ村に到着!とても広いです。

一般の人も食事をたべられるという場所へ。

ここではコーヒーやソフトクリームなんかを出してくれる。近くには幼稚園などもあって、ふらっと立ち寄って、休んでいく人もいるんだそう。今日はたまたま作っていたというお好み焼きもいただいちゃいました。

ここでいただきました。一体、どこでしょう。

答え☆お昼をいただき、そのあとお好み焼きをいただいたこの場所は、なんと、ケアハウス。高齢者の方の住まいです。食堂も施設自体も、街に開かれていて、出入り自由。ここだったら、大事な人にも紹介したい、そう思えるような場所でした。

入口には素敵なカウンターが。

近くにあった学童。手書きルール。

こちらは、広々とした敷地の幼稚園。森の幼稚園という名前の通り、森の中にある感じです。園舎の後ろも通れるし、写真ではとれていませんが、森が広がっています。広い。。
隠れちゃったら危なくない?迷子になったらどうするの??と、きっと思われるであろう場所。子どもには最高の場所だろうなぁ。
ここでは自分で考えて遊ぶのだそう。

ゴジカラ村を視察のきっかけを作ってくれたのは彼女。地域リビングの設立メンバーで、現在、名古屋へ引っ越しゴジカラ村の森の幼稚園の利用者です。
わたしが好きそうな場所だし、政策的にもぴったりと教えてくれました。

素敵な古民家

ここでは子どもの一時預かりをしていますが、だれでも来て良い場所なんだとか。

しかも、保育事業ではなくて、高齢者の生きがい支援事業として行なっているそうです。

こちらは託児所。子育て世代が多く、核家族が多いので、リフレッシュのために使う方が多いそうです

特別養護老人ホーム。死角をあえてつくり、天井を低くする。高い白い天井は病院ぽいからと家っぽさを追求されているそう。
死角のない、四角形や長方形の施設は管理する仕事する側にはいいけれど、入居者にはどうかなって思っているそう。確かに、目が届きやすい空間て落ち着かないですよね。
特養も鍵がなくて、出入り自由という・・・。お茶のむところも、どなたでもいらしてねっとなっているんだとか。
いろんな人が入ってきてくれれば、いろんな人の目が届くし、何かしましょうか?と手伝ってくれる人も増えるから、入居者の幸せが増えるとのこと^^

また、窓からは子どもたちの託児所が見えるし、中庭もあって、地面が見えるのも落ち着く雰囲気になっているようです。

ご案内頂いた方はボランティアさん。法人にも所属していない地域の方でした!
ありがとうございました‼︎

アーカイブ